天気によって頭痛になることがある

偏頭痛の原因は、体調によるものだけではありません。環境の変化によって頭痛が現れるというケースも多いのです。気圧の変化が偏頭痛を引き起こしてしまうことも少なくないので、どういった天気の時に発症しやすいのか覚えておくと良いでしょう。

雨の日を予見して頭痛を和らげよう

「雨の日に頭痛が起きやすい」と感じている方も多いのではないでしょうか。これは決して偶然ではなく、湿度が高く曇り日の低気圧時には片頭痛が発生しやすいと言われています。そのため、雨が降りそうな日には傘だけでなく、頭痛薬やサプリメントを常備すると良いでしょう。

頭痛の原因を見極める

偏頭痛の症状とそうでない症状がある

普通の偏頭痛は、命に関わる症状ではありません。しかし一部の激しい頭痛の場合、一般的な偏頭痛ではなく、くも膜下出血など深刻な病気の初期症状である可能性もあるため注意しましょう。予兆無く突然激痛が走った場合、慢性的な頭痛ではない可能性が高いです。

重い病気による頭痛との見分け方

偏頭痛と重病による頭痛との見分け方は、痛みの質以外にもあります。例えば、手足のしびれや言葉がうまく出ないといった症状が併発した場合、偏頭痛ではない可能性が高いので速やかに病院へ行きましょう。これらの症状は、前述したくも膜下出血や脳出血などによる症状の可能性があります。

症状によっては救急車を呼ぶことも大事

しびれや言語障害といった深刻な症状が出た場合には、総合病院や脳神経外科などを設けている大きめの病院に向かうようにしましょう。また、病院に向かう際には自力ではなく、誰かに連れて行ってもらうのが安心です。動くことが難しいと判断した場合には、救急車を利用するようにしましょう。

広告募集中